大館工芸社(秋田)

1959年、堺谷哲郎により設立。
丸太の買い付けから製材、曲げ加工、桜皮縫い、底入れ、仕上げまで一貫して行なっています。
曲げわっぱをつくるのは、伝統工芸士5名を含む26名の職人。
伝統的な曲げわっぱはもちろんのこと、現代のライフスタイルにあったさまざまなデザインの曲げわっぱをつくり続けています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5