石川硝子工藝舎



命が吹き込まれ一瞬で形となる素直な生きたガラス。
ガラスは本来、日用の器となることが正系の使命で在った事から、
今も息を正して焦らず躊躇わず数多くの用器作りに励んでいます。
用を求める仕事に美しさが備わり、それを人々に喜んでいただくことが
世上の喜びです。どうか慈しんで御つかい下さいますようお願い致します。


石川昌浩 略歴 

昭和50年 東京生まれ
平成11年 倉敷芸術科学大学ガラス工芸コース卒
       小谷眞三先生に師事
        旧清音村に共同制作窯を築炉し制作を始める
平成13年 倉敷で初個展 その後全国各地で個展開催
平成14年 日本民藝館展初出品初入選(以後毎年入選)
平成15年 共同制作窯を解散し石川硝子工藝舎と改名
平成17年 国画会展初出品初入選(以後毎年入選)
平成21年 早島町に工房、本宅共に移転
    倉敷で「吹業十年展」開催
平成21年 国画会会友に推挙
    日本民藝館展奨励賞
平成22年 国画会工藝部新人賞
      小谷眞三 石川昌浩展 阪急うめだ本店
平成23年 国画会工藝部会友賞、準会員に推挙

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

53