陶房 杉

【陶房 杉(愛知県常滑市)】

常滑は日本六古窯の一つとして、平安・鎌倉時代には日本最大の窯業地として栄え、その後900余年に渡り生活に密着した焼き物を作り続けています。明治25年の創業以来、四代に渉り食器・花器・陶壁画等、クラフトからアートまで幅広い創作活動を行っています。「常滑の土」のもつ素朴さ、野性味を残しながら、どこかにモダンで洗練された焼味を伝承の技法と手仕事のぬくもりの中で表現し、生活の中に潤いのある空間創り出してくれる器です。

陶歴

全日本美術工芸展 通産大臣賞
朝日陶芸展 朝日陶芸賞
朝日陶芸展 朝日奨励賞
国際陶磁器デザイン・コンペ グランプリ賞
国際陶磁器デザイン・コンペ 金賞
グッドデザイン商品選定
ロングライフデザイン賞受賞

主な壁画

東 京 地下鉄銀座線、青山一丁目駅「四季」
    地下鉄銀座線、表参道駅「表参道春秋」
名古屋 名古屋北体育館「和」
常 滑 登窯広場「輝」
大 阪 読売新聞社「白い記録」
その他全国二百余ヶ所に設置

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4